関西ものづくり新選2023
本文へ移動

トップページ

簡易型止水板「フロード・ガード」は、皆様の安心安全な暮らしをお守りします!
 軽量ながら強固な本体  簡単設置で迅速な対応 繰り返し使えて経済的  コンパクト収納で持ち運びに便利

私たちフジ鋼業株式会社は、近年増加傾向にある台風やゲリラ豪雨などから、浸水被害を防ぐ製品「フロード・ガード」を販売しております。特殊工具不要で簡単に敷設できるため、急な浸水被害時も迅速な対応が可能です。また、土のうなどその他防災グッズと併用することで、より万全な治水対策を実現できます。ご用命の際は、ぜひご相談ください。
会社概要
商品一覧
商品保証登録

フロード・ガードF・FZ50が「2023年度 グッドデザイン賞」を受賞しました。

この度、フジ鋼業株式会社は、公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2023年度グッドデザイン賞」を受賞しました。
「グッドデザイン賞」は、1957年に旧通商産業省によって設立された「グッドデザイン商品選定制度」(通称Gマーク制度)を継承する、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。
単にものの美しさを競うのではなく、産業の発展とくらしの質を高めるデザインを、身の回りのさまざまな分野から見いだし、広く伝えることを目的としています。
世界でも有数の規模と実績を誇るデザイン賞として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加するとともに、よいデザインを社会に広める運動としても多くの人びとから支持されています。
フロード・ガードFは機能だけではなく、デザイン性も認められ数ある応募製品の中で受賞されました。


審査委員の評価コメント
日を追うごとに洪水の被害が深刻化している。都心の低地には雨水が一挙に押し寄せ、地下空間や室内に入り込んで大きな被害を及ぼしている。従来は砂袋によって浸水を防ごうと試みたが、大きな効果が見られなかった。本デザインは、構造的に耐久性と安定性を備えているほか、連結が容易なため、雨水を効率的に遮断することができる。必要とされるタイムリーなデザインである。

※審査委員の評価は、グッドデザイン賞ウェブサイトに掲載されている文章をそのまま引用しています。 

フロード・ガードFが「関西ものづくり新撰2023」に選定されました

フジ鋼業株式会社(代表取締役社長:藤井 健吾)は、このたび、近畿経済産業局が1月19日(木)に発表した「関西ものづくり新撰2023」において、簡易型止水板「フロード・ガードF」が選定されましたので、お知らせいたします。 

「関西ものづくり新撰」とは、関西の中小企業が独自に開発した製品・技術のビジネス拡大を応援する取組です。関西の中小企業が開発した製品・技術、また、それらを用いたビジネスモデルを、有識者で構成される選定委員会で審査を行います。その結果、特に「優れた」「売れる」製品・技術、「新しい」「儲かる」ビジネスモデルを「関西ものづくり新撰」として選定します。

フロード・ガードF は「防災・セキュリティ」の分野で、数ある応募製品の中から晴れて選定されました。


掲載のお知らせ

農村ニュース新聞

農村ニュース新聞に簡易型止水板『Flood Guard F 80』が掲載。

PR TIMES/プレスリリース配信サービス

最新プレスリリース、ニュースリリースを配信


J-Good Tech(ジェグテック)/ビジネスマッチングサイト

日本の中小企業と国内の大手企業・海外企業をつなぐビジネスマッチングサイト『ジェグテック』。
経済産業省所管の独立行政法人 中小企業基盤整備機構が運営。
簡易型止水板『フロード・ガードF掲載。

Arch-LOG/建築建材総合検索サイト

建築建材総合検索サイト(WEBカタログ)
簡易型止水板 『フロード・ガードF掲載

展示会のご案内

『JAPAN INNOVATION DAY 2024
開催日時:2024年3月1日(金)
開催時間:10:00~18:00
会  場:ベルサール汐留 1F、B1F イベントホール
主  催:ASCLL STARTUP

『Jump Up FAIR (ジャンプアップフェア)2024 』
開催日時:2024年3月15日(金)~16日(土)
開催時間:10:00~17:00
      16日(土)は、16:00まで
会  場:ハナミズキホール
     大阪府大阪市鶴見区緑地内公園2-163
       大阪市鶴見区緑地公園(花博記念公園鶴見緑地内)
参 加 費: 無 料

日鉄物産ワイヤ&ウェルディング(株)様ブースにて
簡易型止水板Flood Guard  Fを展示致します。

新着情報とお知らせ

2023-11-07
2023年11月22日(水)に行われます、神戸電鉄㈱総合防災訓練に水害対策『簡易型止水板フロード・ガードF』の設置デモンストレーション参加いたします。

新社屋建設のお知らせ

【新社屋 外観イメージ図】

フジ鋼業 株式会社(代表取締役社長:藤井  健吾)は、この度新社屋を建設する運びとなりましたので、お知らせいたします。

フジ鋼業 株式会社は2025年で創業60年になります。
現在、運営しているのは「農業資材部」「防災用品部」の2部門で、「農業資材部」の営業実績は非常に安定しており、2019年に新設された「防災用品部」は急激な成長を続けています。

創業60周年の一大プロジェクトとして、また、「防災用品部」の販売増加に対応するために、新社屋を建設することとなりました。

新社屋では、旧社屋に比べ倉庫面積が約2倍に拡張されます。倉庫管理システムを導入することにより、より潤滑に商品をお届けるよできるようになります。
それに伴い、新規人材採用が不可欠であることから、周辺地域における優秀な人材確保も進めてまいります。

建設地は、加古川バイパス明石西IC付近に位置しております。
2024年 4月に着工し、2024年 10月に竣工、2024年 11月に新社屋での営業を開始する予定です。

【新社屋計画概要】
 所在地 兵庫県加古川市平岡町高畑
 敷地面積 約 900㎡
 用途 1階 オフィス・作業場   2階 倉庫
 竣工 2024年 10月(予定)

新社屋の詳細につきまして、内容が確定いたしましたら、改めて公表いたします。

以上



ご質問やご不明な点は、こちらからお気軽にお寄せください。

お問い合わせ
TOPへ戻る
グッドデザイン賞2023